会社の代表印とは

  • RSS

「会社設立社印3本セット」なるものを、最近では通販のハンコ屋さんでよく見かけます。
内容はといえば、「代表印」「銀行印」「社名印(角印)」で、一般的にはそれぞれ「会社名+代表取締役印」「会社名+銀行之印」「会社名印」となっています。
中には、この3本に加えて、会社名と所在地を印字したゴム印が付き、封筒などに押せるようにな便利セットも販売されています。
では、なぜこの3本が、「会社設立」アイテムとなっているのでしょうか。

答えは簡単です。
個人の印鑑で「実印」「銀行印」「認め印」の3本が必要だといわれるのとまったく同じ役割の3本が、会社にも必要だからです。
個人印鑑でいうところの実印が、「代表印」に当たります。
個人の実印は、管轄の役所に登録して印鑑証明書とセットにして効力を発揮しますね。
同様に、「代表印」は"会社の戸籍"がある法務局に登録し、やはり証明書とセットで使用されます。
会社を設立するには、必ず"会社の戸籍"登録にあたる、登記申請が必要です。
登記申請には、必ず会社の「代表印」が必要なのです。
(実はその前に、定款の認証手続きというものが必要なのですが、そちらで必要なのは発起人個人の実印になります)

代表印さえあれば、とりあえず会社の設立は可能ですが、個人でどこにでも実印を使うというのはやはりタブーですよね。
私の知り合いには一人いますけど(苦笑)、普通はしませんね、そのようなこと。
同様に、会社の銀行口座を作るために銀行印が、その他日常の業務に必要な印鑑としては社印が必要となるわけです。

〔便利サイトのご紹介〕
象牙や黒水牛、チタンなどの印鑑を手頃な価格で作成したい!
そんな方に印鑑比較サイトの決定版《印鑑ネット》がおすすめ。
商品の売れ筋やお客様の声をもとに、
厳選したお値打ち価格の印鑑を、ランキング形式でご紹介しております!

このページの先頭へ