代表員は会社の実印

  • RSS

さて、まずは会社の実印、「代表印」についてくわしく知りましょう。
会社の代表印は、「代表者印」「会社実印」などとも呼ばれ、直径18.0mmの丸い印鑑がもっとも一般的です。
印章は、周囲にぐるりと社名が入り、内側の小円内に「代表取締役印」と入るのが普通です。
ちなみに、この「代表取締役」というのは、会社の代表印でなければ使うことができません。
個人自営業なんかであれば、「代表者印」「代表之印」と記載することは可能ですが、あくまで「代表」であって「代表取締役」ではないんですね。

そもそも個人自営業では実印を作ることができませんが。(登記できませんからね)
ちなみに、外側にぐるりと書かれている社名の前の「・」は、「ここから読み始めてくださいね」というサインで、なくても構わないのですが、打たれているものが多いですね。
代表印の大きさには、厳密な規定はありません。
直径18.0mmが一般的ですが、捺印した時に、1辺10mm以上30mm未満の枠内におさまれば問題ないとされています。
材質にも細かな規定はなく、長期に亘って欠けたり変形したりせずに使えるものであれば問題はありません。

わりと安価なところでいえば、本柘。
人気の高いところでいえば、黒水牛でしょうか。
最近人気が高まってきているものならば、チタンですね。
その他、さまざまな材質のものが販売されていますから、自分に合った好きなものを選ぶとよいでしょう。
会社の実印ですから、代表印はそうそう変更することはできません。
よく考えてこだわりのひとつを決めましょう。

〔関連商品のお得情報〕
法人印鑑の持ち運びに必須!
天丸タイプの印鑑に対応した印鑑ケースを、特価にてご提供しております!
ケースには朱肉が内蔵されているので、どこでも捺印できて便利です。

⇒法人印鑑ケースのご購入はこちらから

このページの先頭へ